日本では化粧製品の成分が0でなければオーガニックコスメとして販売が可能

オーガニックや無添加など似た言葉の違い

オーガニックと無添加は似ていますが全然違います。オーガニックは農薬や化学肥料などの化学成分を使わずに育てたもので原料の植物などに使われます。無添加はアレルギーを引き起こす可能性がある防腐剤などの添加物を使っていない製品のことを指しています。化粧品にはオーガニックや無添加と謳っている製品が多くありますが他にも似た言葉で天然成分配合や自然派などもあります。天然成分配合とは天然の素材を精製していたり抽出などをしている成分で天然成分が含まれている製品が自然派と呼ばれています。

日本では定義が甘いオーガニックコスメ

現在日本ではオーガニック成分が限りなく0に近くても含まれていればオーガニックコスメとして販売することができ、定義が曖昧です。海外では厳しい基準を設けて認定している第三者機関があり、オーガニック認証マークがついてるものは審査をクリアしてる証明となっています。ただし、認証はあくまで参考程度にしておきます。化粧品のサイトで成分をチェックすることが一番安心です。サイトをチェックすると製品の表示義務になっていない成分のチェックもすることができます。表示義務のない成分はキャリーオーバー成分と呼ばれていて、含まれていても問題ない少量の化学物質のことです。表示義務はありませんが少量といえども化学物質が含まれていることもあります。オーガニックコスメ作りに真剣に取り組んでいるメーカーは、キャリーオーバー成分を含んでいないなどの情報をしっかり掲載しています。サイトをチェックするときには情報もしっかりチェックするようにします。

防腐剤などが含まれていないからこそ劣化が早い

オーガニックコスメの使用するときの注意点は一般的な化粧品よりも劣化が早い点です。普通の化粧品と同じように保管していると品質が悪化してしまう可能性があります。使うときには使用期限をしっかりと守ります。期限がオーバーしてしまうと肌トラブルに発展してしまうことがあります。防腐剤などが含まれていないメリットがありますが、その分ゴミや空気に触れると劣化や酸化が進んでしまう可能性があるためフタはしっかり締めます。保存料も含まれていないことから、より直射日光や高温は苦手です。保管するときには直射日光が避けれて、気温が上がらない場所に置くようにします。直接抽出口を触れてしまうと雑菌がつきやすくなるため、キレイな手で抽出口に手が触れないように注意しながら使うようにします。

ピックアップ記事一覧