一般的なコスメとオーガニックは何が違うのか

オーガニックコスメを選ぶ人は、敏感肌や乾燥肌の人が多いのではないでしょうか。いろいろな成分について勉強していった結果、オーガニックコスメにたどり着いたという人も多いでしょう。コスメは2001年の薬事法改正で、全成分を表示する義務が課せられました。お陰様で、それまで何が配合されているかわからなかったコスメも、リスクのあるものは自分で見て排除できるようになりました。こうした流れから人気が出て来たのが、オーガニックや無添加コスメというもの。とは言え、何がリスクの高い原料なのかを知らなければ、表示されていてもわかりませんよね。一般的なコスメで、リスクのある代表格は防腐剤や殺菌剤です。流通している間に製品が腐らないよう添加されているものですが、これが肌にあまり良くない影響を与えると言われています。その他合成界面活性剤や油剤溶剤など、コスメの原料同士が混ざるように添加されているものなどがあります。石油由来の原料は安く製品化出来るのですが、肌に刺激となる場合も多いので合わない人も多いでしょう。

オーガニックコスメには何が入って「いない」か

コスメに入っている添加物は、テクスチャを良くするためのものだったり、よく混ぜるためのものだったりします。これらを使えば楽で安価だとしても、肌に良くないのであれば入れないというのがオーガニック製品の特徴。石油系の原料はなるべく使わない、合成界面活性剤は使わないといった様々なメーカーポリシーのもと、肌に優しいコスメを作り上げています。製品が劣化しないようにする必要は変わりませんから、他の植物を使うなどして非常に苦労しているメーカーがほとんど。その上できちんと整肌出来る能力がなければいけないわけですから、大変な努力ですよね。オーガニックを選ぶ時には、何を主成分としているかと同時に、何が入って「いないか」にも注目するのがお勧めです。買う時には裏面の表示を良く読んで、企業努力もちゃんと理解したいですね。

良いものも悪いものも選ぶのは常に自分

勘違いしてはいけませんが、天然の素材から作られていれば何でも完全に安全だと言い切れるわけではありません。植物にはとても強い作用を持つものもありますので、それが肌に合わない場合もありますし、アレルギーがある場合もあります。自分の肌との相性を慎重に確認することは大事だと覚えておきましょう。ただ、石油系の原料が人間の肌細胞を壊してしまう確率は高く、少なければ少ないに越したことはありません。オーガニックと名乗っていても、単に天然原料を入れただけで添加物はそのまま入っているものもあります。化学的に人間が合成したものはケミカルと言いますが、ほとんどがケミカルでほんの少しオーガニックでも、名乗ってしまえばそれまで。選ぶ時には名前だけでなく、その実も確認しなければいけませんね。

月桃葉精油は月桃の葉100kgあたり30ccしか抽出できない貴重なものです。消費者への透明性と環境の尊重を重んじる「エコサート」を基準のもと、肌・体・環境にやさしい商品を提供いたします。月桃精油はユーカリのような爽やかさをトップノートに奥にはゼラニウムのような甘さもある心地よい香りです。 こだわりの日本製オーガニックコスメは琉白

ピックアップ記事一覧